小陰唇縮小手術の体験談

7日目、抜糸をしました

小陰唇縮小手術を受けて7日目、いよいよ抜糸の日です。

抜糸は7日以内にするのが良いみたい。
こちらに詳しく書いています。

抜糸前の状態は、傷の痛みもなく、少し痒みを感じるくらい。
手術を受けてから一週間が過ぎ、とても楽になりました。
糸がついている違和感が少しだけあるくらいかな。

抜糸をすればとってもスッキリ楽になるという感想を多く目にしていたので、抜糸の日はとても楽しみでした。

ただ、痛いという話もかなり目にしていたので、その点はドキドキです(^^;

クリニックでは手術のときと同じ看護師さんが担当してくれました。
とても良くしてくれた看護師さんだったので、一週間ぶりに顔が見れて嬉しい!
そういうところも気づかってくれてるんだなぁと感激しました。

抜糸は、ベッドに横になって軽く足を立てる感じで行いました。

先生が手際よく糸を取ってくれるのは感じるのですが、やはりこれが痛い…!

でも我慢できる痛みではあります。
ぎゅっと握った手のひらに汗をかくくらいの痛みですが、耐えられます。

手術するときの局所麻酔(これも痛い)より痛いです(^^;

手術から抜糸までで一番痛かったのが抜糸でした。

個人差もあるでしょうし、私の個人的な感想になってしまいますが、局所麻酔も抜糸も、痛いですが耐えられます。

抜糸をすることでスッキリしますし、少しの時間、頑張って痛みを我慢すればあとはバラ色…!

抜糸をしなくて良い溶ける糸で手術して、1ヶ月間溶けるのを待つより、思い切って抜糸してキレイにしてもらった方が良いんじゃないかなぁ…
と、(個人的には)とっても思います。

抜糸のときに先生に傷口を見ていただけるのも、安心できますしね(^^)

抜糸を終えたとき「1ヶ月くらいかけて少しずつ回復していきますよ」と先生がおっしゃってくれました。
看護師さんは「きれいになりますよ」と。

手術をすると「ほんとにキレイになるかな…大丈夫かな…」と不安になりますが、抜糸で傷口を確認していただいて、「大丈夫ですよ」と言っていただいたことで、とても安心しました。

抜糸前までは、少しだけですが糸に引っ張られる感覚がありましたが、抜糸後はそれがなくなってスッキリ。

抜糸も終えて、あとは日が過ぎて傷が回復していくのを待つだけです。
今まで長い間、私を悩ませてきたものがなくなって、あとは時間が過ぎれば変身完了(^^)!!
すごく良い一日でした。