抜糸あれこれ

抜糸ありでの手術をおすすめします

小陰唇縮小手術を受けるクリニックを探すときにチェックする一番大事なポイントは、『抜糸あり』か『抜糸なし』か、ということだと実感しています。

まずは、そのクリニックで手術を受けたひとの満足度を知ることが大切ですので、体験談や口コミサイトをよくチェックすることがポイントで、その上で、やはり『抜糸』のありなしはとても重要です。

体験談を読んでいると、抜糸なしで受けたことや抜糸が遅かったせいで、痕が残ったり、ギザギザになったり…という失敗例がよくあります。

抜糸ありのクリニックでも、抜糸までの日数が長すぎると痕が残るリスクが高くなるので、7日間以内に抜糸をしてくれるクリニックを選ぶのが良いと思います。

ただ、7日以内というのはわたしがいろいろなサイトを読み漁って、そして自分で手術を受けて感じたことであり、絶対ではありません。

7日以内の抜糸をしないと絶対に痕が残るというわけではなく、個人差もありますし、先生の腕によっても仕上がりは違ってくるようです。

疑問点や不安なことなどは、カウンセリングでしっかりと聞いてみてくださいね。
カウンセリングを受けることで、安心して任せることができるクリニックかどうか、ある一定の判断材料になるはずです。

”抜糸あり”だと、抜糸のためにクリニックに足を運ばなければいけないため、それが嫌だという方も多いようです。

さらに『抜糸は痛い』と書かれている体験談もよくあるので、痛いのを避けたい方は、抜糸なしに魅力を感じるかも知れません。

実際、抜糸は痛いです。
個人的な感想ですが、小陰唇縮小手術の中で、いちばん痛かったのが抜糸でした(^^;
でも、ガマンできる程度の痛みですので、ご安心ください。

そして抜糸をした後はとてもスッキリするので、「抜糸をしてよかった」と思うことは間違いありません。

”抜糸なし”での手術は、抜糸に行く必要がないのでラクに感じると思いますが、糸が消えるまでの不快感もありますし、なにより、痕が残る確率が高くなるのは大きなデメリットでしょう。

抜糸があると面倒だと感じるかも知れませんが、抜糸の時、先生に経過を見て貰えるという安心感もありますので、いろいろな面での都合が許す限り、抜糸ありでの手術を受けることをおすすめします。

抜糸については『小陰唇縮小手術の失敗例とその理由』もどうぞ