麻酔について

局所麻酔、静脈麻酔など、麻酔もいろいろあります

小陰唇縮小手術を受けるときに、気になる点のひとつに”麻酔”があると思います。

麻酔は、小陰唇のみの痛みを感じなくさせる『局所麻酔』を使用するクリニックが多いようですが
・眠っている間に手術をしてほしい!
・意識があると恥ずかしい…
という場合は『静脈麻酔(眠る麻酔)』も選べますよ、としているようです。

局所麻酔は小陰唇に直接麻酔をするので、小陰唇手術においては、痛みが強い麻酔として知られています。

私は局所麻酔にしましたが、確かに痛みは強かったです。
我慢できる痛みではありますが…ひとによるかなぁ…

数か所、チクッ!チクッ!…っという感じです。
最初の一回は、特に「痛い…!!」と、私は感じました。
でもガマンできる痛みですが…
こればっかりは、ひとそれぞれ感じ方が違うと思うので、断言するのが難しいですね(^^;

クリニックにもよりますが、局所麻酔の注射をする前に、痛みを抑える前処置をしてくれるところもあります。
歯医者さんで注射の前に何かを塗ってくれる場合がありますよね。
あれと同じようなものだと思います。
表面麻酔といわれる、ゼリー、クリームのようなものを塗るようです。

ほかに、笑気麻酔という、ガスを吸ってお酒に酔ったような状態にして局所麻酔の痛みを軽減させる麻酔もあります。

麻酔は、手術料金に含まれているクリニックもありますが、別料金のクリニックもありますので、チェックしてくださいね。

クリニックのホームページを見て感じるのですが、麻酔料金の表示が分かりにくいことがけっこうあるのです。
もちろん、きちんと表示してくれているクリニックも多いですよ。

料金表を見て、「小陰唇縮小手術は○○万円だな」って分かっても、よーく見てみると麻酔代は別料金で「別途麻酔代○○円」と表示があったり。
表示があるのはまだよくて、隅々まで探しても見つけられない場合もあります。これが一番困りますね…

また、麻酔料金を料金表にだけ表示しているクリニックも多くて、この場合は料金表の一番下にあることが多く、ちょっと見つけにくいですがこれもまだ分かりやすいほうかな。
料金表の下のほうに「麻酔代は別途」などとさりげなく書いてあることもあります。

ですので、麻酔料金に関しては、特に注意してチェックしていただければなと思います。
分からないときには、クリニックに質問してみてください。

局所麻酔は手術料金に含まれていて、笑気麻酔、静脈麻酔を選ぶと別途料金が必要。
というクリニックが多いように思います。

参考までに、私が調べた範囲での料金になりますが、静脈麻酔(眠る麻酔)の場合は別途30,000円~80,000円必要になります。
笑気麻酔は10,000円~20,000円ほどでした。

痛みに強いなら局所麻酔でじゅうぶんだと思います。
でも、少しでも不安を感じるなら、クリニックの先生に相談してくださいね。
いくつかの方法を提案してくれるはずです。

小陰唇手術全般に言えることですが、不安や疑問があれば納得のいくまで相談してください。
かかる費用も大きいものですし、なにより、自分の体のことですので。
手術を受ける、その時点で納得できる気持ちでいたいものですよね。