小陰唇の悩みと脱毛

小陰唇肥大の悩みと脱毛サロン、クリニック

デリケートゾーンのムダ毛処理で脱毛サロンやクリニックに行きたいな、と思っても、小陰唇の悩みがあると、なかなか行動にうつせないと思います。

悩みがない場合でも、デリケートゾーンを他人に見られることにあまり抵抗がない人もいれば、絶対に見られたくないと感じる人もいますよね。
逆に、小陰唇の大きさが気にならない場合は、例えその人が小陰唇肥大の状態だとしても、脱毛サロンに行くのも気にしないのかも知れません。
人それぞれです。

そもそも、小陰唇肥大とは言われますが病気でもなんでもないので、気にする必要はないのです。
脱毛をしてくれるサロンやクリニックの方にしてみれば、たくさんのデリケートゾーンをみてきているわけで、小陰唇は見慣れているでしょうし、大きさや形などは気にならないことだと思います。

でも、でも…
小陰唇に悩みを持つ私たちにとっては、とても重大な問題なのです。

私は、小陰唇肥大に悩んでいた頃、脱毛したいけど人に見られるのは絶対に無理!と思っていました。

脱毛サロンでVIO脱毛(デリケートゾーン全体の脱毛)をしている知人に「下半身見られてる感じ?丸見え?」って聞いたことがあるのですが、「うん、見えてるはず。でも開き直って気にしない」と言っていました(^^;

知人の話によると、紙パンツをはいた状態で、Vライン、Iライン、Oラインそれぞれの脱毛時に、必要なだけ紙パンツをずらしながら脱毛してくれるようです。

IラインとOラインの脱毛のときには、場所が場所なので当たり前といえばそうなのですが、脱毛してくれる方には丸見えであろうということでした…

それを聞いて、「やっぱり私にはムリ!!!絶対ムリ!!!」と思ったものです。

デリケートゾーンのムダ毛を綺麗に処理したい。
でも脱毛サロンやクリニックはムリ…
と、考えたあげく、私が選択したのは家庭用脱毛器でした。

私って小陰唇肥大かなぁ…と思っていても、もしさほど気にしないならそのまま気にせず脱毛サロン、クリニックに行きましょう!
脱毛してくれる方は気にしません。

でも、私のように、絶対にムリ!この小陰唇は誰にも見せられない!!
と思っているあなたに、おすすめなのが家庭用脱毛器です。

私は、小陰唇縮小手術でスッキリした小陰唇になった今でも、家庭用脱毛器で脱毛しています。

実は、手術を受けた湘南美容外科クリニックでVIO脱毛をしてもらおうと思っていたのですが、通うのに時間がかかるので、どうしてもなかなか実行に移せません。
結果、手軽に自宅でできる家庭用脱毛器を今でも愛用していますが、家庭用脱毛器でもキレイに脱毛できるので、今はたまに生えてきたムダ毛をパパッと脱毛する程度で済んでいます。