小陰唇について

小陰唇肥大の原因

小陰唇が大きくなってしまう原因は、一般的には遺伝によるものが大きいと言われています。

となると、おばあちゃん、お母さん、お姉さん…の小陰唇が気になりますが、「見せて」なんてなかなか言えるものではありません。
私も、母の小陰唇はどうなってるんだろうと思いながらも、ずっと聞けませんでした。

もしも小陰唇肥大に悩んでいて、お母さんやご姉妹に聞けそうな方は聞いてみるのも良いと思いますよ。
悩みが少し解消するかもしれませんし、共有できるかもしれません。

男性経験や自慰によって小陰唇が大きくなるというのは間違いですので、心配しないでくださいね。

思春期に、小陰唇の大きさが気になりはじめた女性って多いのではないかなと思います。
私も、「なんか出てる…」と気になりはじめたのは思春期の頃でした。

遺伝とは別の原因としては、

・妊娠や加齢によるもの

・ケガをしたり炎症を起こしたりして、小陰唇の形が変わるような刺激を受けてしまい、そのまま大きさが戻らなくなってしまった

といったこともあるようです。

加齢によるものの理由としては、小陰唇の周りの大陰唇のお肉が痩せてしまうことによって小陰唇が目立ってしまう、ということもあります。

原因の主なものが遺伝だということは、自分で何とかすることはほぼ不可能ですよね。
私は小陰唇の大きさに悩みはじめた頃からずっと、なんでここだけこんな風になっちゃったんだろうと思っていました。

からだのことなので、遺伝かなと思ってはいても親に言えるはずもなく、ずっと悩んでいました。

他の部分にも多少の不満(笑)はありましたが、もう少し鼻が高かったら…とか、目が大きかったら…とか、私の中ではちょっとした願望のようなもので、別にこれでも良いけど欲を言えば…という程度でした。

でも小陰唇の大きさだけは、人生を変えるほどの悩みでしたね…
ずっと誰ともお付き合いするつもりもなく年齢を重ねて来ましたし…(^^;

小陰唇って、体の中のほんの小さな部分ですが、悩みを持つ人に与える影響ってとてつもないんですよね。