小陰唇縮小手術の体験談

小陰唇縮小手術一週間後から一か月後の感想

小陰唇縮小手術をうけてから一週間後から1ヶ月の間は、傷がカサブタのように乾燥し少しずつ回復していき、腫れも少しずつ引いていくのを実感できます。

カサブタといっても大きなものではなくて、小陰唇を切り取った部分(小陰唇のふち)に沿って、皮膚が乾燥し軽いカサブタのようなものができます。
「これってカサブタだよね…?」くらい。
そして、傷口周辺は少し硬くなります。

これがしばらく続きます。

一般的なケガと同じですよね。

ケガをすると、カサブタができて、皮膚が硬くなります。
そしてカサブタがとれ、時間をかけて皮膚も柔らかくなっていきます。

あ!もちろん、きちんと縫ってもらい皮膚がくっついた後で抜糸をしているので、普通のケガのようなカサブタにはなりませんよ(^^)
本当に軽く、カサブタっぽく乾燥している感じです。

皮膚が硬くなることを心配する方も多いようですが、大丈夫。
傷が回復するうえで普通の経緯だと思います。
順調に治ってるんだなぁという感じです。

ただ、トイレの後、思いきり拭くことはまだできません。
たぶんこれは人それぞれだと思います。
私が心配性なだけかも。
傷口はふさがっているはずなので、普通に拭いても問題はないと思うのですが、私はかなり慎重に、1ヶ月間くらいはポンポンと抑えるように拭いていました。

1ヶ月後には、傷口のカサブタっぽい感じはなくなりましたが、まだ少し乾燥している状態です。

腫れもまだ完全に引いてはいないように感じます。

でも、かなり回復しているのは間違いありません。

今後は少しずつ、トイレで拭くときも気にならなくなるでしょうし、腫れもますます引いて行くことでしょう。

乾燥も確実に回復しているので、これも時間が解決してくれるはず。

個人的にはとっても満足。
順調に回復しています。