小陰唇縮小手術の体験談

小陰唇縮小手術、2ヶ月後の状態と感想

小陰唇縮小手術から2ヶ月を過ぎて、ふと気づくと傷口のカサカサがなくなっていました。
傷口がふさがるのは早かったのですが、小陰唇のふち(切り取った部分)に沿って皮膚が乾燥していたんです。

小陰唇というのは粘膜なので、唇みたいな感触なのが普通だと思うのですが、私は手術後しばらくカサカサが治まりませんでした。

でも、皮膚を切り取っているわけですし、傷口がキレイになるまではそれなりに時間がかかるのは当たり前!
という気持ちで、あまり気にしないようにして過ごしていました。

傷口は見ないのがポイントです。
見るとあれこれ気になったり不安になったりしますが、見ないと気になりません。

術後の回復が思ったように順調でないと感じると、不安にもなりますので、気にしないのが一番です。

抜糸のときに「キレイになりますよ」と言っていただいたことを信じ、気にせずに過ごしました。

そして2ヶ月を過ぎた頃から、カサカサもなくなり、表面がツルツルに!

ただ、まだ硬さはあります。
ですが硬さについては、ケガをして治る過程で必ず通る道なので、これもまた気にせずに過ごすことにします。

硬さがあるので少しの違和感はまだありますが、ここまで来ればほとんど気にならなくなります。

あっ!尿の飛び方は日々変わります。
これはきっと、日々、傷口の状態が変わるからだろうなと思います。
カサカサしていた部分が治ったり、堅い部分が柔らかくなったり、シワの位置が変わったり…
それにより小陰唇の形が微妙に変わるため、尿の飛び方が変わるという訳ですね。

ちょっと気になる点ではありましたが、今後どんどん傷口が落ち着いていけば気にならなくなるだろうと思っていました。

手術後2ヶ月を過ぎると、いろいろな意味で落ち着いてくるころかな。

早い方ですと、堅さもなくなってすっかり回復しているのではないかなと思います。