小陰唇縮小手術について思うこと

副皮とは?小陰唇縮小と同時に手術した方が良い?

小陰唇の手前側(おへそ側)、陰核包皮(クリトリス包皮)から繋がって外側に『副皮』がある方もいます。
小陰唇縮小手術を検討してサイトを見ていると、副皮についても自然に知ることになるハズです。
「どこ?」って最初は思う方が多いのではないかな。

副皮はヒダ状になっている皮膚で、一般的には、陰核包皮(クリトリス包皮)から大陰唇まで山型に繋がっているイメージでしょうか。

形状は人それぞれで、全然ない方もいますし、片側だけにある方、幾重にもなっている方などさまざまです。
小陰唇と区別がつかないような形状の方もいるようです。

ただ、小陰唇と同様で、例え副皮がどんな形をしていても、病気でも異常でもありません。

私自身は、“もしかしたらこれが副皮かな?”と思えるようなちょっとしたヒダが陰核包皮の横にほぼ左右対称にありますが、まったく気になりません。
小陰唇の大きさは気になりまくりでしたが、幸い?副皮についてはまったく気に留めていませんでした。
「このデカい小陰唇さえ!!どうにかなれば!!!」という感じで(^^;

でも、もしかしたら私のような副皮でも、気になる方は気になるのかも知れません。

少しの副皮でも気になる場合もあれば、大きめの副皮でも気にならない場合もあるので、本当に本人の主観による部分が大きいです。

副皮があることで起こる可能性がある問題点は、ヒダの間に汚れや垢がたまりやすいこと、その汚れが原因で臭いが気になったり炎症がおきやすくなったりすること、などがあるといわれています。

小陰唇が大きい方に、副皮もある場合が多いようで、小陰唇の悩みで訪れたクリニックで副皮について知ったという体験談も目にします。

もともと副皮での悩みをお持ちの女性は、ご自身の副皮がどのような状態であるのか、クリニックでカウンセリングを受けてみるのも良いかと思います。

もしも小陰唇縮小手術を考えていて、副皮についても気になる場合も、まずは相談してみることをおすすめします。

私自身は副皮についての悩みはなかったので、多くのサイトなどで体験談や医師の考えなどを見での感想になりますが、
『全体的なバランスを見たときに、副皮も整えた方が良い』
『大きな悩みとして副皮があり、絶対にどうにかしたい部分である』
といった場合に、副皮除去について検討するのが良いのではないかな、と思います。

ただ、『全体的なバランスを見たときに、副皮を整えた方が良い』と、カウンセリングで言われたけれど、自分では「別にそこは気にならない。小陰唇だけ整えて貰えれば良い」と考えているのであれば、副皮に手を加える必要はありません。

医師の話をよく聞いて納得して「やってほしい!」と思った場合のみ、実行に移してください。